英語

Globish(Global×English)の可能性

Pocket


最近、スポーツNEWSのインタビューでも、

日本人選手が「英語」でコメントを行うことが、
日常的になったと思いませんか(時代の変化ですね)?

羽生結弦選手をはじめ、
サッカーの本田圭佑選手、テニスの錦織選手
ゴルフの石川遼選手、宮里藍選手etc..

一流のアスリートほど、通訳を介さず、
自分の言葉(英語)で受け答えをする姿勢を持たれている感じがします。

グローバル化が進む中、日本、アジア、ヨーロッパをはじめ、
「英語」は英語を母国語としない人達の「第二言語」になりつつあります。

そういった背景から、生まれたのが、
グロービッシュ(Globish=Global+English)という造語。

ネイティブ、ノンネイティブの垣根を超えた、
世界共通英語の概念(ルール)のことです。

つい先日、
「グロービッシュ」に関するセミナーを開催し、

参加者の方より、頂いた感想を見ながら、
多くの利点があると再認識しました。
————————————————–
(一部ご感想をご紹介)

グロービッシュ英語、

伝えたい事を自分の英語力に合わせ、
シンプルな表現で相手に伝える。

完璧主義を捨てる!
ついつい文法から考えてしまい、

一言も英語が出なかったことを思うと固定観念がとれ、
声をかけられても気楽に答えられそうです。

なんと言っても、「パレートの法則」は目からウロコでした!

英語学習における「20対80」のルール、
英語力アップのキーワードになりそうです。

日々の生活に英語を意識し、
簡単な単語で表現する訓練をしていこうと思います。
今回も良い刺激を有難うございました。
(Y.J様 女性)
—————————————————————-
(ココマデ)

以下、グロービッシュのメリットを整理しましたので、ご参考まで。

・使用単語(約1500語)は、生活やビジネスで使える実践的な語彙が豊富。

・英語を「手段」(ツール)としての位置づけが強く、「英語自体」に完璧さを求めていない。

・「コミュニケーション」に重点を置いており、より実践的な英語力が身につく。

・目的に応じ、必要な学習領域、不必要な学習領域の見極めが可能。

・学ぶ「目的・目標」から逆算し、学習計画を立てやすいので、時間とお金のロスが減る。
————————————————————————————————-
何よりも、大切なのは、

「私(あなた)が英語を学ぶ目的は何なのか?」

グロービッシュを学び始めると、四六時中、
この「問い」と向き合いつづけることになります。

「英語(手段)を学ぶ目的が明確にある」
「学習のやり方、成果に疑問を感じている」
「毎日忙しく、勉強に必要以上の時間やお金をかけられない」

そう思われる方は、

グロービッシュに関連する書籍、情報も多数ありますので、
一度、学んでみられてはいかがでしょうか。
—————————————————————————-
コチラでも、「グロービッシュ」のセミナー・勉強会を
定期的に開催していく予定ですので、ご興味ある方は、お問い合わせ下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 子供向けの英語教育をお考えの方☆
  2. 通訳案内士を目指す方必見☆
  3. 2017年内に身につけたい資格に「英語関連」がトップ
  4. 英語力とQOL(クオリティオブライフの関係性)について

関連記事

  1. 英語

    英語力とQOL(クオリティオブライフの関係性)について

    ここ最近、社会人になってからでも、自発的に英語に触れる機会を作…

  2. 英語

    「伝わる英語」のポイントは「捨てるスキル」

    「断捨離」「捨てる技術」等のテ…

  3. 英語

    「40代で英語を習得するのは遅すぎるか?」

    大人になってから、英語の勉強をしようと思いつつも、「もう年…

  4. 英語

    『ネイティヴ講師』V.S『日本人講師』

    ご相談者様からよく上がる質問の一つに、「ネイティブ講師の方から…

アーカイブ

最近の記事

  1. 過去イベント一覧

    2018年10/14【第2回 MY英語ストーリーランチ会】
  2. お知らせ

    【「コーチング型の英語習慣プログラム開始】
  3. キャリア

    2017年内に身につけたい資格に「英語関連」がトップ
  4. 過去イベント一覧

    6/2 第4回【My英語ストーリー】開催レポート
  5. 紹介

    子供向けの英語教育をお考えの方☆
PAGE TOP