英語

『ネイティヴ講師』V.S『日本人講師』

Pocket

ご相談者様からよく上がる質問の一つに、

「ネイティブ講師の方から習ったらいいの?」
「日本人講師の方がいいんですか?」

といったご相談をよく受けます。

つい先日、

興味深い記事の投稿を拝見しましたので、
ご参考にして頂ければ、幸いです。

『英語はやっぱりネイティヴに教わったほうがいいの??』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000003-ascii-sci

引用ココから
———————————————————————————-

その人の英語レベルにもよりますが、
初心者であれば、言語習得や英語教授法に精通した日本人講師に教わるのがよいでしょう。

文法の知識が足りていなかったり、リスニング力が低い状態であれば、
日本語による説明やフィードバックがあるほうが時間短縮になります。

日本語話者がつまずきやすいポイントもわかっていますので、
無駄のない指導が可能です。

ネイティヴ講師とのレッスンだと、
どうしても「コミュニケーション中心」の学習になりがちです。

英語が満足に聞き取れない、文法の知識もない、
という状態でネイティヴとの英会話を行なっても、
適当に推測して理解しようとしたり、

自分の言える単語だけで片言の英語で話したりするだけになってしまい、
間違った英語が定着してしまうことがあります。
————————————————————————–
引用ココマデ 2017年10月16日配信
文章  伊原章紗/ENGLISH COMPANY 編集 ASCII(アスキー)
————————————————————————–
個人的にも、初級者の方や、まだ基礎力が乏しいうちに、
ネイティブ講師から英語を習うのは、あまりオススメしません。

まずは、日本人講師から、文法やルールなどの
「理論」(インプット)を「日本語」でしっかりと学び、

次の段階の「実践」(アウトプット)の場、
英会話などを、ネイティブ講師に教わる。

この順番での学習プロセスがベストだと考えます。

「先天的」に英語を話せるネイティブとは違い、
「後天的」に英語を身につけてきた日本人講師は、

学習や訓練を通じ、英語力を「獲得」してきた人達です。

同じ日本人の視点(気持ち)で、

勉強のやり方、日本語(母国語)との違い、
留学や仕事を通しての成功や失敗体験、
外国人とのコミュニケーションにおけるマナーや注意点等、

英語環境に関わってきた、長年の経験を通じ、
学習に役立つ、貴重な「リソース」を豊富に持っており、

本や教材では学べない、知識や知恵を教えて頂けるのも、
日本人講師の強みなので、それらを利用しない手はありません。

『英語力』 ⇒ ネイティブ講師>日本人講師
『教える力』⇒ ネイティブ講師<日本人講師

上記の式が成り立つ、というのが持論です。

つまり、それぞれが持つ強みを生かし、

理論(インプット)は日本人講師、
実践(アウトプット)はネイティブ講師、

言うまでもなく、英語学習においても、
この「理論」と「実践」のサイクルを回すことが、上達の近道です。
———————————————————————-
理論を学びたい方にはコチラのご案内(笑)

『大人の英語学習プログラム体験レッスン』
10月21日(土)午前・午後に開催予定 参加費 1000円

*興味ある方は、直接メッセージをお送りくださいませ。
*過去の参加者からの感想⇒HP掲載の「お客様の声」をご参考下さい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ピックアップ記事

  1. 2017年内に身につけたい資格に「英語関連」がトップ
  2. 通訳案内士を目指す方必見☆
  3. 子供向けの英語教育をお考えの方☆
  4. 英語力とQOL(クオリティオブライフの関係性)について

関連記事

  1. 英語

    「伝わる英語」のポイントは「捨てるスキル」

    「断捨離」「捨てる技術」等のテ…

  2. 英語

    「40代で英語を習得するのは遅すぎるか?」

    大人になってから、英語の勉強をしようと思いつつも、「もう年…

  3. 英語

    Globish(Global×English)の可能性

    最近、スポーツNEWSのインタビューでも、日本人選手が「英…

  4. 英語

    英語力とQOL(クオリティオブライフの関係性)について

    ここ最近、社会人になってからでも、自発的に英語に触れる機会を作…

アーカイブ

最近の記事

  1. 紹介

    通訳案内士を目指す方必見☆
  2. お知らせ

    第6回 6月18日開催 社会人の英語学習相談会
  3. 紹介

    English Wonderland(英語が開く 世界への扉)
  4. お知らせ

    【「コーチング型の英語習慣プログラム開始】
  5. 英語

    Globish(Global×English)の可能性
PAGE TOP